補強選手なしの単独チームによる日本一決定戦、第44回社会人野球日本選手権大会が11月1日から京セラドーム大阪で開催された。連覇を狙うトヨタ自動車、投打に充実したHonda、近年の躍進が著しいNTT東日本と、優勝候補と目された強豪が一回戦で敗れたのをはじめ、波乱が続いた大会は、投打の歯車がかみ合った三菱重工名古屋とJFE西日本が決勝に進出した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。