「息子が同性愛者ならば死んでもらった方がマシ」「同僚の女性議員は醜過ぎてレイプできない」「地球温暖化は作り話にすぎない」「人を殺さない警察官は警察官ではない」──。このような発言をする人物が人口規模で世界第5位、経済規模で世界第8位の大国のリーダーに選ばれた。10月末のブラジル大統領選挙で勝利したジャイル・ボルソナーロ下院議員だ。元軍人で極右のポピュリスト(far-right populist)である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。