秋から冬にかけて、大気の透明度が高くなって星の輝きは増してくる季節なのだが、夜空は寂しい。夏の夜を彩っていた織姫星や彦星をはじめ、天の川の両岸に輝く1等星たちが織り成す絢爛豪華な夏の星座は、すでに西の空に沈んでしまい、逆にオリオン座をはじめとする冬の神々しい星座たちは、まだ東の空から上ってこない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。