山あいにある酒蔵なのに酒銘が「相模灘」? 由来を醸造元、久保田酒造の久保田晃さんに尋ねると、葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」の名が。波濤とその奥の富士山、大波にもまれる舟がダイナミックに描かれる。「あの海は相模灘です」。美術大学で日本画を専攻した晃さんが絵画理論で説く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。