天理教では、自らの教えを「お道」と称し、布教伝道者と認められた信者を「用木(ようぼく)」と呼ぶ。羽月カズヒロ氏(45歳)もその一人だ。隆々とした腕に張り付いた刺青、顔に浮かぶ古傷、どこか悲しげな背中からは、ただならぬ気配が漂う。千葉県で居酒屋を営む羽月氏はビールを手に、自らの半生を語り始めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。