中国のメッセージングアプリといえばテンセントの「WeChat(ウィーチャット)」が断トツの存在で、すでにユーザー数は10億人を超えている。同社はキャッシュレス決済サービス「ウィーチャットペイ」も展開しており、日本でも見掛けたことがあるだろう。メッセージングアプリの世界ではあまりにも巨大で、これを脅かす存在が現れることはまずないだろうと考えられていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。