三菱ケミカルHDの中で最も勢いがあるのは、2014年にグループに加わった世界4位の大陽日酸だ。この11月には、過去最大の約6400億円を投じて、同業の米国企業が欧州12カ国で展開する産業ガスや炭酸ガスなどの事業の一部を買収し、日本と東アジア、北米に次ぐ拠点として欧州大陸に橋頭堡を築く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。