阪急電鉄と阪神電気鉄道は、100年間、私鉄グループとして似たような事業を展開してきた。経営統合による合理化効果は出せる。まず、お互いに梅田をターミナルとしている。グループ内にお互い百貨店があるが、2店の開発時期をずらし営業への影響を最小限にとどめながらの開発が可能となった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。