銀行業界をむしばむ問題が収益源である「利ざや」の低迷だ。これは預金と貸出金の金利差から生まれる収益のことで、超低金利環境に突入し縮小の一途をたどった。もう一つの本業である、窓口で保険や投資信託を販売する手数料事業でも減益分を取り返せていない状況だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。