「存在感がなくなるという危機感」(宮永俊一・三菱重工業社長)。宮永社長はここ数年、収益管理を徹底して各事業の“自立”を厳命するなど、三菱重工が強烈な社内改革を進めてきた理由をこう説明する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。