昼下がり、僕は日本地図とにらめっこしていた。各地と連携して互いにプロジェクトチームの人材を融通するようになり、さらに後発地域からのアドバイスの要請はコンサルティングではなくスクール形式にして生産性を高めたことで、事業開発スピードはあがってきた。気づけば、全国50ヶ所以上の地域と共に事業開発に取り組み、スクール卒業生は200名を超えようとしていた。佐田はその地図をみると、腕組みして天井を仰いだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。