鉄道事業が苦戦している分、もっと生活サービス事業の構成比が上がってなくてはならない、という指摘があるかもしれない。だが、渋谷、東京、横浜、品川とプロジェクトの着工はめじろ押しであり、近視眼的な物差しで評価する時期ではない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。