1995年──。インターネット普及のターニングポイントとなった年だ。マイクロソフトのWindows95とInternet Explorerが登場し、そこからインターネットは爆発的に社会に広がっていく。アマゾン、グーグル、フェイスブックなどの米巨大IT企業は、そうした大きな時代の波に乗って勃興し、個人データを収集してマネタイズするデジタル経済の仕組みをつくり上げてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。