ブランド力のある単科薬科大学は長年安泰だった。ところが2000年代に入ると、全国各地に有力大学による学部新設が相次いだ。関係者の間で、単科薬科大危機説がまことしやかにささやかれ始めた。慶應は私立薬学部の中でトップのポジションへと上り詰め、偏差値が最も高い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。