一家の大黒柱に万一のことがあった際、残された家族のために威力を発揮する死亡保障。中でも最もシンプルで、保険料が低廉なのが定期保険だ。保険料は掛け捨てとなるが、子育て世代などお金がかかる層がまず最初に検討すべき保険だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。