北原真理著『沸点桜』は、第21回日本ミステリー文学大賞新人賞の受賞作である。主人公は、東京・新宿の風俗店でセキュリティーを担当しているコウ。店の金を持ち逃げした美少女を連れ戻すよう命じられたこのヒロインが、追われる側になって物語が始まっていく。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。