日本の潜在成長率(経済全体の平均的な供給力の変化率)は、現在1%程度しかない。人手不足が顕著となっている中で経済成長率を持続的に高めるには、供給サイドの改革が不可欠だ。金融財政政策頼みでは続かない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。