今年2月27日にライプチヒの連邦行政裁判所が下した判決は、ドイツ自動車業界と連邦政府、地方自治体が恐れていた事態を現実化させた。裁判官たちは「大都市での窒素酸化物(NOx)濃度が欧州連合(EU)の上限値を超える違法状態を解消するために、最後の手段としてディーゼル車の乗り入れを禁止することは、適法だ」という下級審の判決を追認した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。