市場と政府の役割分担は、経済運営の根本的な問題だ。政府によるコントロールを極限まで進めたのが、計画経済である。その評価をめぐって1920~30年代に行われた経済体制論争で、計画経済が機能しないとしたフリードリヒ・フォン・ハイエクの論文The use of knowledge in societyの基本的論点は、情報に関するものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。