衰退から消滅へ──。1400年以上続く日本仏教界は今、人口の減少、信心の希薄化、経済性の追求などで激動の波にさらされている。家を基盤とした古い慣習に固執していては、到底生き残れない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。