どこの国で事業をするにしても、現地人材をいかに活用するかは重要だ。採用するときは一般的に書類選考があり、その後面接というステップを踏むのが一般的だ。この流れの中で学歴や職歴を確認するわけだが、中国においては学歴や職歴、資格などを詐称するケースがしばしば見られる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。