「国内のソーラーパネル製造業の雇用を守るため」という名目で、トランプ米大統領は2月初頭から、米国内に輸入されるソーラーパネルに、一律30%の関税をかけ始めた。米国内の雇用促進を狙ったはずのこの政策だが、逆に、米ソーラー業界の労働者たちが失職するという奇妙な事態が起きている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。