数百万円もする高額ながん手術や放射線治療が一挙に“大衆化”する。4月から「ロボット支援手術」は胃がんなど主要がん種で、約300万円の「粒子線治療」は前立腺がんで、それぞれ健康保険が適用される。自己負担は数万円、数十万円のレベルまで下がり、手に届きやすくなる。選択肢が増える中、納得のいく治療法はどれか。医療機関はどこか。治療法の内情から、医療機関や医師の実績を明らかにする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。