年金は、現役世代の負担で高齢世代の給付を支える賦課方式となっている。現役世代の人口減少や平均余命の延びで、現役世代の負担が増えている中、2004年に導入されたのが「マクロ経済スライド」だ。そのときの社会情勢に合わせて年金の給付水準を自動的に調整することによって、現役世代の負担増を抑制し、年金の持続可能性を高めようというものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。