50歳を過ぎてから、友人と飲むたびにセカンドキャリアのことが話題に上るようになりました。大企業に勤める友人の中には、あと2年ほどで役職定年になり、給料が減って主要な業務から外れる人もいます。人生100年だとすれば、まだ折り返し地点なのにキャリアが終わってしまうのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。