中部国際空港セントレアに近い知多半島は常滑焼で有名だが、海運の便の良さを生かし、江戸時代から醸造業が盛ん。最盛期には200以上の酒蔵に、酢、たまり醤油、みそなどの醸造蔵があった。「数こそ激減したものの、伝統製法にこだわる蔵が残り、いわば醸造半島です」と常滑の酒蔵、澤田酒造の澤田研一さん。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。