市場取引は、社会的に望ましい結果をもたらすと考えられる。ただし、その前提は、取引される財やサービスに関する情報が完全に提供されていることだ。ところが、現実には、この条件は満たされていない。まず、商品の品質が購入者に分からないことが多い。粗悪品が多い市場を「レモンの市場」というが、これは、「レモンは腐っていても外から見えない」ということに由来する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。