高い技術力を誇りながら競争優位を見いだせないでいる日本のものづくり。失敗学の畑村先生が、現場を訪ね、現場に触れ、現場の人と議論して活路を探ったのが『技術の街道をゆく』です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。