稲盛和夫氏による再建でJALの財務はピカピカになった。下表は破綻前と直近のJALの財務諸表だ。PLの売上高は減少しているが、営業利益は大幅に増加している。それだけもうけるのがうまい効率的な経営に変わったということだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。