今、「月刊文藝春秋2月号」に掲載された塩野七生氏と小泉進次郎衆議院議員の対談が評判になっている。塩野氏は、「長編歴史エッセイはこの本が最後」と言い、進次郎氏は「年末年始はこの本にどっぷり浸かりました」と語っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。