投資環境が厳しくなる可能性もある環境下では、下値不安が小さいと思われる銘柄を、選別の候補にしたい。そこで、PBR(株価純資産倍率)に注目する。ただ、PBRが低い銘柄に単純に投資をすればいいわけではない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。