古豪の日立製作所野球部で、選手、コーチとして実績を挙げた和久井勇人は、2001年から監督を務めた。強いリーダーシップでチームを率いたものの、全国の舞台で上位に進出することはできず、4年でユニフォームを脱いだ。社業に就いた際、会社が運営する日立工業専修学校で校長を務めた。将来に明確な目標を持った生徒に何ができるのかを考え、ボトムアップの組織運営を身に付けると、13年に再び監督に就任する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。