古くは、共に名をはせた武藤絲治から伊藤淳二への社長交代劇を描いた経済小説『役員室午後三時』(1975年刊行)、近年では破綻を描いたものなど、カネボウの内情を題材にした本は山のようにある。昨年、それらに新たな仲間が加わった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。