NHKの大河ドラマの影響もあって幕末ブームです。かく言う私自身もはまっているのですが、最新刊で一押しが『英龍伝』。警察小説の旗手であると同時に歴史小説でも遠大な世界を描いている著者による、伊豆韮山藩の名代官、江川太郎左衛門英龍の一代記。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。