投資先企業の株式を大量保有して経営改革を迫る「株主アクティビズム(shareholder activism)」。年金基金などからの支持も得て世界的に勢いを増している。だが、「短期的な株主利益ばかり追求している(too focused on short-term profits for shareholders)」として糾弾されることも多い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。