「テレビCMまで流して積極的に取り組んでいる」。事業承継の旗振り役である中小企業庁の幹部がそう称するのは、長野県の地方銀行である八十二銀行だ。取り組みの発端は15年以上前にさかのぼる。2002年、第三者への自社売却による事業承継を想定したM&A(合併・買収)支援の専門チーム発足に向けて人材を募集。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。