論客として最近とみに注目を浴びている瀧本哲史氏の新著である。とてもわかりやすく書かれていて、一気に読むことができる。内容は交渉学の教科書として基本を押さえており、著者のもくろみ通り長きにわたって読み継がれる要素を含んでいる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。