国内化粧品1位の資生堂、2位花王。下図のように旗振り役は「プロ経営者」「生え抜き」と対照的で共に2018年早々、注目人事があった。14年から資生堂社長CEOの魚谷雅彦氏(63)。資生堂は業績が低迷し、関係者によると、コネ採用社員の多さ、しがらみの多さも問題視されていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。