鷲津はマンダリン・オリエンタル東京の部屋にいた。ここに車で戻る途中、首都電力原子力本部管理部長の森上からの電話で、首都電役員たちの慌てふためきぶりを聞いた。森上によると、首都電はパニックに陥っているらしい。それ以上に、現社長の門脇以下、大半の役員が濱尾の会長解任もやむなしと考えているという情報を得たのが大きい。門脇は、鷲津が本格的に経営に乗り出した段階で辞任するようだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。