西田氏の口を衝いて出てくる言葉は他人への罵詈雑言ばかり。自らの非を省みることも、反省のかけらもなかった。あんなに光り輝いていた経営者がこんなふうになってしまうのか、という驚きが大きかったですね。私は西田氏を不当におとしめるつもりはありませんが、自己正当化を繰り返し、自己弁護に終始する彼の姿は、ただただ痛々しいだけでした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。