ハイリスクな研究とは、リスクを解析できるということであり、不確実な研究とは異なる。成功の確率が小さいとしても、リスク要因とその成功確率、見返りを計算できれば、失敗時の損害を予測でき、成功時のインパクトと比較衡量して投資できる。企業の研究開発は主にこのようなものだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。