「大リストラ時代」という見出しが2017年暮れに銀行業界のニュースで躍ったが、18年も引き続きこのテーマが重要な一年となる。3メガバンクグループは、RPAと呼ばれるソフトウエアロボット(詳細は92~93ページ参照)を使った事務作業の自動化などにより、業務効率化の方針を相次いで発表。3メガ合計で3万2500人分の業務量を削減すると宣言した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。