「あの川村さんですら寄り付かない。日本郵政とは“そういう会社”ということ」──。ある関係者によれば、「川村さん」とは、かつて経営危機に直面した日立製作所を、「ラストマン(最終責任者)」の覚悟で臨んで再建した川村隆元社長のこと。2016年、日本郵政社長の任にあった故・西室泰三氏が体調不良で続投が難しくなった際、川村氏に社長就任の打診があったという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。