平成の30年間における重電業界の変化を一言でいえば、「モノ売りからコト売り」へのシフトだ。重電メーカーの収入源は、機器の新規販売から、運用の効率化支援などに移ってきた。特に近年、発電機にセンサーを付け、運用を改善するといったIoT(モノのインターネット)が本格化し、その傾向に拍車が掛かった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。