「59円バーガー」に「280円牛丼」。平成を彩った外食メニューの数々は、どれもこれも「デフレ味」がする。日本経済が不良債権問題に頭を抱えていた2000年代初頭。物価は落ち込み、今日までいまだ抜け出せぬデフレ環境を生み出した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。