「10年以内に必ずNTTドコモを抜く」──。2006年3月、英ボーダフォンの日本法人を1.75兆円で買収したソフトバンクグループの孫正義社長はこう宣言した。当時はシェア5割を超す圧倒的な“巨人”だったドコモへの挑戦状を真に受ける業界関係者はほぼゼロ。「社員ですら笑っていた」と孫氏は振り返る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。