「喫煙者にアルツハイマー病が少ない」。1991年のオランダの研究論文によるもので、タバコを吸う人の強いよりどころとなっていた。が、最近のイースタン・フィンランド大学の研究で1日2箱タバコを吸う人は非喫煙者に比べ約2.5倍アルツハイマー病になりやすい、と真逆の結果が出た。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。