高齢になることで増える疾患の代表は「がん」、そして「認知症」。65歳以上の4人に1人が認知症、もしくはその予備軍という時代を迎えている。それでも、まだ多くの人は認知症を「自分が誰かも分からなくなり、徘徊などの行動異常を起こす」と決め付けている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。