「私たちの主張は平行線だ──」。温泉地での地熱発電所開発をめぐり、温泉旅館の経営者が猛反対している。そこで、彼らが参加する日本温泉協会と、地熱発電業者が参加する日本地熱協会の担当者に取材したところ、双方から冒頭のような答えが返ってきた。いったい、何が問題視されているのか。下図のように両者の主張を整理してみると、論点が見えてくる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。