その映像は、粒子が粗く、とても見にくかった。だが、イチアイ(1I)(首都電力磐前第一原子力発電所)の一号機から四号機と同種のアーティカル1の原子炉であるのは見て取れた。それが振動している。そして、原子炉の底付近から水が漏れていた。「このタイミングで、原子炉内で核燃料の炉心の半分ほどが水面上に出たと思われる」マクギリー博士が、感情のこもらない冷たい声で説明した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。